タグ:魔王尊 ( 3 ) タグの人気記事

2006年 06月 06日
「鞍馬山とUFO」
StarPeole of Earth スターピープル・オブ・アース
2005 Spring Vol15
発行:株式会社ナチュラルスピリット


P112
トム・ケニオンとジュディが語る
「鞍馬山とUFO」
取材・文 辻麻里子
通訳 甲斐さやか

トム・ケニオン
(以下、トムと略) 科学者としてこういった話をするのは、少し心地が良くないのですが・・・・人類がとても古い歴史を持っているということは、まだ科学的に証明されていませんが、これからUFOと日本人の関係について語りたいと思います。
 ハトホルは日本の京都近辺にある鞍馬山という聖域について、ある同じことをいっています。鞍馬山には650万年前に、サナトクマラというアセンデッド・マスターが訪れ、その後、天体の車に乗ってアセンションしたといわれています。彼がアセンションした時に乗ったといわれている乗り物を、わたしと妻のジュディはそこで目撃しました。素晴らしいものだったので写真をとりましたが、それは砂でできたモデルでUFOのようなカタチをしていました。
 ハトホルたちも、サナトクマラが彼らをこの宇宙に呼んだといっているのです。というわけで、ハトホルは690万年前に日本にいるサナトクマラの元を訪れたのです。これは、鞍馬寺の情報ではなく、つい最近行ったハトホルからのチャネリング情報です。わたしたちは前回の日本旅行で鞍馬寺を訪れた時に強力なエネルギーを感じ、そこでサナトクマラから情報をもらったのです。
 前回、日本を訪れた時に、わたしたちは日本人とハトホルがとても似ていると思っていました。そこで今回の再来日の前に、 「日本人の外見がなぜ、ハトホルに似ているように思えるのか?」 とハトホル自身に聞くことにしたのです。 

ジュディさん
(以下ジュディと略)2年前に日本を訪れたときに、日本人はハトホルに非常に似ていると私は思いました。でもこの質問をトムにしてもらうのに、2年かかったのですよ(笑)
 
トム 私は科学者なので、チャネリングが嫌いなので(笑)

ジュディ また日本に来るのが決まったので、この質問をハトホルにしてみようということになったのです。

>>>More
[PR]

by sadomago | 2006-06-06 13:53 | とりあえずノンジャンル
2006年 06月 05日
超能力者・霊能力者に学ぶ Vol3
超能力者・霊能力者に学ぶ
不思議な世界の歩き方
初版第一刷 2005年8月25日
著者:布施泰和(ふせやすかず)
発行:株式会社成甲書房

P168~

●― シャンバラへの憧憬

シャンバラは、チベット密教で伝えられる不可視の王国の中心地であるとされている。それでも 「見た」 とういう人はいるらしく、一説によると、雪山に囲まれた、八葉の蓮の花が開いたような地形にあり、その蓮華の中心地にシャンバラ王の住むカラーパ宮殿があるだそうだ。各花びらに相当する盆地には1000万の街を持つ国が12あり、小王が治めているというから、96の小王国と約9億6000万の街があることになる。
 また一説によると、アガルタは四つの運河に区切られ、7つの都市が栄えている。その中心地にはひときわ壮麗な首都シャンバラが美しい湖に囲まれてそびえ立っている。そこに住む人々は、ヴィマーナと呼ばれる空挺に乗って都市の間を移動するだけでなく、宇宙の賢者たちが今なお住んでおり、地球外の高度な存在、宇宙人や天使たちと常に接触を持ち、協力して地球人の精神的進歩と魂の浄化をはかっているともいう。
 
<中略>

横尾の直感はそうした空想説を否定する。「シャンバラの存在を知ったとき、わたしは電撃的なショックを受けると同時にわたしの波動がシャンパラに向かって矢のように一直線に飛んで行くのがわかりました。地球の内部にある空洞世界の中心シャンバラです」と、横尾は 『私と直感と宇宙人』 の中で語っている。

<中略>

「わたしはこんな非科学的な物語を単なる夢物語として受け入れたわけではありません。わたしの胸は本当に熱くなりときめきました。この胸のときめきこそ私とシャンバラを結ぶ信頼の糸だと信じました」 と、横尾は述べている。
 横尾はこう続ける。
 地下王国アガルティは網の目のように洞窟や連絡路があって、世界各国の地上と通じている。その地下への8つの入り口は秘密になっているが、北極にあるという巨大な穴から地球内部に入れるのではないか。
 シャンバラの王サナート・クメラは650万年前、レムリア大陸の住人を進化させるために金星から火に包まれた天車(おそらく空飛ぶ円盤)で地球に降臨した。その場所は中央アジアの高原とも京都の鞍馬山ともいわれている。

>>>●― 鞍馬山と金星人
[PR]

by sadomago | 2006-06-05 12:45 | サイキック
2005年 12月 09日
鞍馬寺-ウエサク祭~進化の光 魔王尊
鞍馬寺-ウエサク祭
http://www.diviner.jp/Library/Wesak/

ウエサク祭(五月満月祭)は、釈迦の降誕、悟りを開いた日、入滅の日が、全てヴァイシ ャーカ月(インド歴第二月)の満月の夜であったという伝承により、アジア各地(チベット、タイ、ミャンマー、スリランカなど)で行われる祭り。
太陽暦では四月から五月の満月にあたる。

More
[PR]

by sadomago | 2005-12-09 21:01 | とりあえずノンジャンル