タグ:フォーカシング ( 2 ) タグの人気記事

2006年 06月 20日
病気と対話する
未来生療法 -運命は変えられる
2005年6月22日 第1版第1刷発行
著者:ブライアン・L・ワイス
訳者:山川紘也・亜希子
発行:PHP研究所

P80~
多くのセラピストは本の中でリラックスする方法を教えています。うまくいきさえすれば、どのやり方でも大丈夫です。私のやり方は簡単に述べると、次のようになります。
 まず、一人になれて誰にも邪魔されない場所を見つけます。寝室、書斎などでしょうか。そして目を閉じます。まず、自分の呼吸に意識を集中し、一息吐く毎に、体にたまったストレスを取り除き、一息吸う毎に、美しいエネルギーを吸い込んでいると想像してください。次に、体の各部に意識を向けてゆきます。顔、あご、首、肩の筋肉をリラックスさせましょう。さらに、背中、腹部、胃、脚へと進みます。呼吸は規則正しく、リラックスしています。エネルギーを吸い込み、緊張を吐き出します。次に、筋肉がすべて緩んだら、頭上に美しい光を想像します。それはヒーリングの光で、あなたの頭のてっぺんから体へと流れ込み、足の先まで流れ下ってゆきます。下にゆくに従って、だんだんと温かくなり、ヒーリングの力が強くなってゆきます。
 私がこの演習を指導するとき、ここで10から1へと、数を逆に数えますが、あなたが一人で行う時はその必要はありません。

病気との対話

 何か一つ ―― それも一つだえけ ―― 自分でもっとわかりた、わかることによって癒したいと思っている精神的、もしくは肉体的な症状を選んでください。関節リューマチ、高所恐怖症、他人と会う時に気後れするなど、何でもよいでしょう。心に浮かんだ最初の思いや感情に気づいてください。何も修正を加えずに自然に出てきたままでいいのです。どんなに馬鹿げていても、つまらなく思えても、それがあなたに最初に思い浮かんだことです。そsて、あなたを悩ませている体や心の部分と触れ合います。
 まず、その症状をもっと悪化させてみましょう。できる限り十分にその症状を体験し、どうしてそうなったのかを観察します。それから、症状とあなたの場所を入れ替えます。あなたが症状になります。症状があなたになるのです。症状についてもっとよく気づくためです。症状はそれがどこにあって、どのように体や心に影響しているか、知っています。次に、症状の外にいるあなたが、いくつかの質問を症状に対してたずねます。
  ※この演習はエリザベス・ストラットンなどが教えているものです。ゲシュタルトセラピーでよく使われています。
☆ あなたは私の人生にどんな影響をあたえていますか?

☆ あなたは今、あなたがいる私の体や心に、何をするつもりですか?

☆ あなたは私の人間関係にどう影響していますか?

☆ あなたは何かのメッセージや情報など、あなたがいないと私だけでは伝えられない何かを伝えるために、私を手伝ってくれているのですか?

☆ あなたは私を誰かから、または何かから守っているのですか?

 この最後の質問はとても大切です。人はしばしば、病気をその背後にある問題との対決を避けるために使うからです。つまり、否定するのです。たとえば、首に鋭い痛みがあるとします。この演習は、その首に痛みが実は誰なのか、何なのか ――上司か、義母か、それとも誰かの目を見ないですむようにするためなのか、きちんと教えてくれるでしょう。
[PR]

by sadomago | 2006-06-20 13:36 | とりあえずノンジャンル
2005年 11月 30日
インディゴチルドレン Vol2
インディゴチルドレン―新しい子どもたちの登場
2001年8月8日初版発行
著者:ジャン・トーバー/リー・キャロル
訳者:愛知ソニア
発行:株式会社ナチュラルスピリット
http://www.naturalspirit.co.jp/


P263~
 ある非常に賢い8歳の男の子が、あらゆる心理的な側面を持っていて、彼の担当医によってADDと診断されました。彼はスクール・カウンセラーや個人のカウンセラーに診てもらっていました。家庭や学校での彼のふるまいに悩んだ家族は、彼を私の元へよこしました。彼らは途方に暮れ、※ソーマを “最後の手段” だと考えていました。彼は指示に従わず、静に勉強せず、お行儀も悪く、宿題も終わらせず、きちょうめんではなく、自分の行動に責任が取れませんでした。もっとも大変なのは、学校での攻撃的な行動と、家庭での兄弟げんかが耐えないことでした。
 彼はニンテンドーやコンピューターのゲームでよく遊びます。それは結果をとても重視した左脳的な行動です。彼は間違うのが嫌いで、神経質になると、一人になるのを好みました。学校で攻撃的になるのは、たいていコンピューターの使用に関することでした。彼はストレスを感じると、コンピューターで遊びたくなると教えてくれました。頭では身体のことがわかっていても、たいていいつも居心地が悪いと感じているらしいのです。彼はこう表現しました。「脳はイライラして、胃は混乱して、手は怒って、膝はイライラして、目もイライラして、背骨も混乱する」と。それは、彼が身体の内なる気づきをわかっていることを告げています。なぜ彼がそれらの感情を意識し続けるのがいやなのか、理解するのは難しくありません。
 私は彼に毎週セッションを行い、よい結果を得ました。第一回のセッションは、彼の集中力が短いために、成果を得ることは困難でした。しかし、彼はソーマ・ワークに直ぐに積極的な反応を示しました。身体に意識を向けさせるのは難しいことでした。彼はクスクス笑ったり、反抗したりして、“自分を感じる”ことに集中しなかったりしました。彼に主導権を握らせてみました。彼には、ワークがあまりにも立ち入ったものになったら、ストップをかけて欲しいと頼んでおきました。これは、彼に注意を払い、コントロール感を発揮することを求めるものです。たった一回セッションの後、彼は「今週はけんかをしなかった」と得意げに報告してくれました。
 4回のセッションの後、彼はもうボディーワークはしたくないと言ってきました。彼はこう説明しました。「始めに比べたらずいぶんよくなったから、もう必要じゃない。もう自分でよくなるよ」と。わたしは彼を信じました。彼は一回のセッション以来、攻撃的な行動を一度もおこしていません。彼は学校でも家庭でもよくやっていて、熱心なサッカーのプレーヤーにまでなりました。
 わたしの考えはこうです。彼は左脳のコントロールを放棄して、中心部の脳(3つの脳のひとつで、肉体的な感覚とエネルギーを感じる部分を司る)を感じたとき、この身体は安全な場所なのだと気づいたのです。中心部の脳では、彼は身体のエネルギーを感じ、威圧感がなくなりました。そして彼に統合のプロセスが始まり、より簡単にさらなるエネルギーの拡大ができるようになったのです。彼が自分の中心部を開発すると、健康が戻ってきました。セッションが終了してから19ヶ月経ちます。

☆まとめ=わたしの理論が正しければ、ADDやADHDは左脳がずっと支配されていることが原因です。さらに統合されれば、より簡単に、より長く集中していられるようになります。ADDやADHDと診断された子供たちのほとんどは、ソーマのセッションを受けて多少は症状が改善され、たいていは目を引くような行動の変化を示します。彼はより ※薬に対処できるようになり、だいぶ集中できるようになります。
※薬=リタリン等


「ソーマ」は古代ギリシャ語で「身体」を意味
ここで言う「ソーマ」はフォーカシング技法に近いようです。
フォーカシングって
http://homepage3.nifty.com/karada/sukima/sukima05.htm

ひーりんぐるーむ・ぴゅあ*はあと

http://pure.mond.jp/counsel/indigo/index.html
    ※ADD/ADHDとインディゴチルドレン(リタリン副作用など)
    http://pure.mond.jp/counsel/indigo/add.html

☆阿修羅♪リタリンを製造しているのはLSDを開発したのと同じ会社だ
http://www.asyura2.com/0401/idletalk8/msg/161.html

☆阿修羅♪子供のADHD対策は、文部科学省の重要政策
http://www.asyura2.com/0401/idletalk8/msg/175.html

文部科学省だより より
小・中学校におけるLD(学習障害),ADHD(注意欠陥/多動性障害),高機能自閉症の児童生徒への教育支援体制の整備のためのガイドライン(試案)の公表について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/01/04013002.htm
[PR]

by sadomago | 2005-11-30 17:11 | 子供達