2009年 01月 07日
無題
高いポテンシーのレメディは何をもたらすか
  http://plaza.rakuten.co.jp/ishikawamakio/diary/200812190000/
「レメディー医者のひとりごと」 
  http://plaza.rakuten.co.jp/ishikawamakio/

More
[PR]

# by sadomago | 2009-01-07 17:12 | スピリチュアル・ヒーリング
2008年 12月 12日
「東京スカイツリー」29年前に描いた墨田っ子探せ!
読売新聞, 社会
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081211-OYT1T00435.htm?from=top

 東京都墨田区の小学生が29年前に描いた「未来の墨田」の絵に、区内で建設が進む「東京スカイツリー」(高さ約610メートル)のようなタワーが描かれていたことがわかった。

 複数の子どもの合作とみられ、同区は未来図をズバリ的中させた想像力の持ち主を探している。

 絵は1979年11月、同区が国際児童年を記念して開いた「子ども会大会」で、「未来の墨田―21世紀の私たちの町をえがこう」というテーマで企画した作品展の応募作。翌80年に策定された「区基本構想」の概要版パンフレットの表紙にも採用された。

 絵には、実際の建設地から約2・7キロ北の東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅近くの未来の姿が描かれている。飛行場や街を行き交うモノレール、立ち並ぶ団地、プラスチックやゴム工場――。細部まで緻密(ちみつ)に描かれた未来の街の真ん中に4本の長い脚で支えられたロケット風のタワーがそびえ、大きく“墨田タワー”と書かれている。

 この絵が再び脚光を浴びたのは2005年11月、同区が25年ぶりに基本構想を改定した際、職員が古いパンフレットを見つけたことがきっかけ。区は当時、新タワーの誘致合戦を繰り広げていたため、「誘致成功を予言した絵。縁起がいい」と話題になった。

 作者の手がかりは古い資料にもなく、唯一得られたのは「複数の児童による合作だったと思う」という、かつての担当者のおぼろげな記憶だけ。山崎昇区長は「3年後のスカイツリー完成まで、あきらめずに探したい。絵に見覚えのある人はご一報を」と話している。
(2008年12月11日14時41分 読売新聞)
b0023449_10383515.jpg


東京スカイツリーのイメージ図=東武タワースカイツリー社提供

b0023449_10414360.jpg

29年前に描かれた東京・墨田区の小学生の未来図
[PR]

# by sadomago | 2008-12-12 10:48 | とりあえずノンジャンル
2008年 12月 10日
先祖崇拝と宗教
攘夷の韓国 開国の日本
平成8年9月10日 第一刷
平成8年10月20日 第三刷
著者:呉善花
発行所:文藝春秋

第一章 飛鳥-古代渡来人たちの残像を訪ねて-
 5・藤原京が象徴する日本的な支配のあり方
P82~
宗教国家・大和王権と渡来人・天日槍(あめのひぼこ)

More
[PR]

# by sadomago | 2008-12-10 14:46 | 神話・古代史
2008年 11月 30日
死を宣告された患者たちの心を癒せるのは科学ではない
アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない
著者:町山智浩
文藝春秋
2008年10月10日 第一刷
2008年11月10日 第四刷


[初出]
『週刊現代』(「アメリカで味噌汁」06年7月15日号~08年6月14日号)、『論座』07年3月号、『部落解放』07年6月号、『サイゾー』(「USAカニバケツ」05年9月号、06年1~3月号、7月号、07年2.4.8月号。「映画でわかるアメリカがわかる」07年12月、08年2月号)
上記記事、連載に大幅加筆訂正しました。



第一章 暴走する宗教
遺伝子や進化の研究は神の冒涜か?P24~
キリスト教原理主義者を説得する遺伝子学者

2006年7月19日、ブッシュ米大統領は大統領就任以降初めて拒否権を発動した。議会を通過した胚性幹細胞(ES細胞)研究の範囲拡大を認める法案を阻止したのだ。
 ES細胞は人体のあらゆる期間へと無限に増殖していくので、失われた細胞を再生して補う治療に応用できる。そこでパーキンソン病や脊髄損傷、白血病、糖尿病、肝臓病など、それまで不治とされてきた難病が克服できると期待されていた。しかし、ES細胞は体外受精で使われなかった受精卵を「壊す」事で作られるので、受精卵を生命と考える人々、特にキリスト教保守派から激しく反対されていた。ブッシュ大統領は、聖書の言葉を文字通りに信じる「福音派」に属し、彼らを支持基盤にしているので、ES細胞研究には以前から批判的だった。
 ES細胞だけじゃない。福音派と科学の対立は近年、激しさを増す一方だ。福音派は「宇宙は神が7日間で創造した」という聖書の記述を信じているので、福音派の多い州では公立学校でダーウィンの進化論を教えることが法律で禁じられている。最近の調査ではアメリカ人の45%、つまり2人に1人が進化論やビッグバンによる宇宙の起源を信じていないという結論が出た。これがかつて世界をリードしていた科学の国アメリカの実態だ。
 そんななか「ES細胞の研究を止めてはいけない。受精卵の核を他の核に取り替えれば倫理的に問題はなくなるはずだ」と、福音派を説得し続ける科学者兼宗教家がいる。国際ヒトゲノム解読計画の代表、フランシス・コリンズ博士だ。彼はDNAに書かれた人間の設計図であるゲノムを解読するという、まさに神の領域を侵す計画を率いながら、敬虔な福音派として信仰告白の書『神の言葉/科学者による信仰の証』を著した。
 コリンズはかつて神より科学を信じる医学者だったが、27歳で医師として病院勤務していた頃、死を宣告された患者たちの心を癒せるのは科学ではないと知った。
「科学は人間が生きる意義を説明できない」
末期患者たちは宗教に救いを求めていた。疑いながらキリスト教徒たちと対話を深めていたコリンズは、カスケード国立公園にハイキングに行った時、美しい大自然に囲まれて創造主の存在を確信した。前進を貫く感動に耐えきれずその場に跪いた。「私は神に降伏したんだ」
 その後、コリンズ博士はギター片手に賛美歌を歌いながらハーレーで各地を回って福音派の若者たちを科学の道に誘っている。
 「進化や遺伝のシステムこそは偉大なる神の御業だ。それを研究するのは神への冒涜ではなく、神の探求なのだ」
 そもそも近代科学は神の創造したこの世界を知り尽くしたいという信仰心から生まれた。ケプラーもニュートンもパスカルも科学者であり神学者だった。だからコリンズ博士は変人ではなくてもっとも正統な科学者なのだ。
[PR]

# by sadomago | 2008-11-30 17:28 | とりあえずノンジャンル
2008年 10月 05日
無題
215 名前:目汚しだが投下してみる[] 投稿日:2006/10/01(日) 20:31:23.04 ID:jLKazSYP0
男    「マスター、どうしてこの店はよく場所を変えているんだい?」
(´・ω・`)「この店はね、この店が本当に必要な人の為にあるんだ、
      だから他の固定客が来ないようにしてるんだよ」
男    「じゃあマスター、本当に必要なときはどうすればここに来れるんだい」
(´・ω・`)「本当に必要としてるなら自然とここに来れるよ、本人の意思がなくともね」

(´・ω・`)「だからVIPでバーボンハウスに来てしまったら釣られてしまったとかじゃなく、
      この店に来た本当の理由に気が付いて欲しいんだ」
[PR]

# by sadomago | 2008-10-05 18:17
2008年 05月 14日
WiredVisionNews転載
世界的に始まった食糧争奪戦:記者は「菜食主義」宣言
http://wiredvision.jp/news/200805/2008051422.html

More
[PR]

# by sadomago | 2008-05-14 16:29 | 小食健康法
2008年 03月 30日
魂のこよみ 第2週
第2週

思考の力が 果てしない
外なる感覚世界の中に
自分を見失うとき、
霊界が 人間の萌芽を ふたたび見つけ出す。
人間の萌芽は
おのれの種を 霊界の中に見出し、
そして おのれの魂の実を
みずからの中に
実らせねばならない。


ちくま文庫
魂のこよみ
ルドルフ・シュタイナー著
高橋 巖訳
2004年12月10日 第一刷発行
[PR]

# by sadomago | 2008-03-30 00:00 | シュタイナー
2008年 03月 23日
魂のこよみ 第1週 復活祭の情景
第1週 復活祭の情景

太陽が 宇宙の彼方から
感覚に語りかけると
視ることの喜びが 魂の奥底から沸き上がり
陽光と ひとつになる。
その時想いが 自分のからだから
遠く空間の果てにまで流れ
暗く不確かに
人間の本性は 霊なのだと感じ始める。



ちくま文庫
魂のこよみ
ルドルフ・シュタイナー著
高橋 巖訳
2004年12月10日 第一刷発行
[PR]

# by sadomago | 2008-03-23 00:00 | シュタイナー
2007年 08月 07日
「最も一般的なプラスチック原料が生殖障害の一因」研究結果
WIRED VISION / 「最も一般的なプラスチック原料が生殖障害の一因」研究結果
http://wiredvision.jp/news/200708/2007080720.html

More>>>
[PR]

# by sadomago | 2007-08-07 13:24 | 生態系
2007年 08月 07日
「エタノール燃料にも大気汚染問題」研究者が指摘
WIRED VISION / Wired Science / 「エタノール燃料にも大気汚染問題」研究者が指摘
http://wiredvision.jp/blog/wiredscience/200706/20070606133755.php

More>>>
[PR]

# by sadomago | 2007-08-07 13:20 | 生態系
2007年 08月 03日
AstroArts 系外惑星の姿に新たな予想 巨大惑星は恒星から離れられない?
AstroArts 天文ニュース 2007年7月
系外惑星の姿に新たな予想
巨大惑星は恒星から離れられない?

http://www.astroarts.co.jp/news/2007/07/31outer_exoplanets/index-j.shtml

More>>>
[PR]

# by sadomago | 2007-08-03 14:59 | とりあえずノンジャンル
2007年 07月 28日
牛込濠の水質浄化へEM団子6000個投入 千代田区の市民団体
牛込濠の水質浄化へEM団子6000個投入 千代田区の市民団体
2007年7月27日 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20070727/CK2007072702036135.html


 千代田区の市民団体「日本橋川・神田川に清流をよみがえらせる会」は二十六日、区内を流れる両川に流入する牛込濠(ぼり)の水質浄化のため、汚れを分解する微生物を固めたEM団子六千個を投入した。十月までに計四回実施し、三万六千個を入れる。

 同会は、両川を泳げるように再生させるため、地元の町内会や企業が昨夏に発足。EM団子の浄化に取り組んできた。越流した水が両川に流れ込む牛込濠は、外堀の一部で、夏場にはアオコが発生して濃緑色になる。「もとをきれいにしなければ」と、ことし初めて濠の浄化にも着手した。

 会員や地元の法政大生ら約百人が参加。ボートや岸辺からEM団子を投げ入れた。林勇会長(69)は「昭和二十年代には神田川で水遊びができた。泳げるほどきれいになるよう、もとの汚れを絶ちたい。大勢の区民に参加してほしい」と話した。
[PR]

# by sadomago | 2007-07-28 03:00
2007年 07月 19日
ジャスムヒーン 聖なる栄養のプログラム/ リンクのみ
ナチュラルスピリット
http://www.naturalspirit.co.jp/

 ジャスムヒーン 聖なる栄養のプログラム <詳細>
人々は何かに餓えている・・・
http://www.naturalspirit.co.jp/workshop/jas-detail.html
[PR]

# by sadomago | 2007-07-19 11:03 | 小食健康法
2007年 07月 19日
太陽凝視で不食になる方法【リンク】
リアルワールド
http://obe.jugem.jp/
太陽凝視で不食になる方法
http://obe.jugem.jp/?eid=25
|2006.09.07 Thursday|18:48|comments(1)|trackbacks(3)| by koji |

More>>>
[PR]

# by sadomago | 2007-07-19 10:59 | 小食健康法
2007年 07月 11日
ワインはビバルディがお好き? 音楽の植物への影響【リンク】
WIRED VISION / ワインはビバルディがお好き? 音楽の植物への影響
http://wiredvision.jp/news/200707/2007071123.html

More
[PR]

# by sadomago | 2007-07-11 12:08 | 生態系