<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2009年 04月 10日
日本語はなぜ美しいのか(2)
日本語はなぜ美しいのか(1) から 続き
http://sadomago.exblog.jp/10687306/

日本語はなぜ美しいのか
集英社新書0374E
2007年1月22日 第1刷発行
2007年6月19日 第5刷発行
著者:黒川伊保子(くろかわいほこ)
発行所:株式会社集英社

対話の目的が違う! P168~

 さて、母音語族の日本語、子音語族の世界各国語。この違いに気づいたとき、私はぞっとしてしまった。
 なぜなら、「嬉しかった、ありがとう」の溶け合うような親密感に比ベて、「光栄でした、感謝します」の冷ややかなこと……この違いが、言語全体に流れているということだからだ。
 すなわち、潜在意識で母音骨格をつかむ私たち日本人は、話しているうちに、意識レベルで相手と融合してしまう。意味的な合意を得られなくても、一定時間話し合えば、なんとなくわかり合えた気になる。日本語はそういう特性の言語なのである。「話せばわかる」とはいかにも日本人らしい名言だと思う。
 おそらく、子音語族の使い手からしたら、曖昧(あいまい)で何を言っているかわからない会話に見えるだろう。しかし、意識レベルで他者と融合するのは、素晴らしい政治力だと私は思う。なぜなら、日本人にその癖がなかったら、祖国の美しい街々に原爆のような残酷な爪痕を残した国と、あんなにすぐにニコニコ笑って付き合えただろうか。意味論的には「?」でも、結果、柔軟でタフな国民性である。

More
[PR]

by sadomago | 2009-04-10 13:51 | 音楽と生命とリズム
2009年 04月 09日
日本語はなぜ美しいのか(1)
日本語はなぜ美しいのか
集英社新書0374E
2007年1月22日 第1刷発行
2007年6月19日 第5刷発行
著者:黒川伊保子(くろかわいほこ)
発行所:株式会社集英社

母音と身体性P156~

 心を無防備にする母音には、もう一つ、身体性と深く結びついているという特徴がある。
 先に述べたが、渋谷のセンター街で、夜に、家にいるはずの妻の姿を見かけたら、誰でも「あっ」と驚いて立ち止まるだろう。
 このとき、身体は、脳天から吊られたような状態になって、余分な力がどこにも入っていない、完璧なニュートラル・バランスだ。ダンスでは、このニュートラル・バランスを厳しく要求されるが、実際、ワルツのレッスンのときにはなかなかこのバランスはとれないものである。なのに、「深夜の渋谷で妻と遭遇したら」、ワルツのターンなんて考えられないような姿勢の悪いおじさまでも、すっと背筋が伸びる。これが、口腔部を高々と上げる「あっ」の威力である。
 口腔部は、すぐ後ろの小脳に身体感覚を直接に伝える。このため、入力情報はかなり大々的に伝わるのだ。足なら1センチなんて誤差の範囲だが、口腔部の1センチは大きい。銜(くわ)えるタバコの直径が今よりーセンチ太くなったら、まるで丸太を銜えたように感じるはずである。
 さて、渋谷で妻を見かけた夫の話である。夫婦関係が健全なら、夫は妻に近づいて声をかけようとするだろう。

More
[PR]

by sadomago | 2009-04-09 13:51 | 音楽と生命とリズム
2009年 04月 08日
日本人が知らない「人類支配者」の正体(3)
日本人が知らない「人類支配者」の正体(2) 続き
http://sadomago.exblog.jp/10673951/

日本人が知らない「人類支配者」の正体
2007年10月5日 1刷発行
著者 :船井幸雄・太田龍
発行所:株式会社ビジネス社

第6章 P196~
 イルミナティに操られた幕末・維新革命の真相
 明治天皇はなぜ、南朝系天皇とすり替えられたのか

明治維新を操った英国とイルミナティ P201

 ※謀略とか策略が通用しない時代が来るP207~

船井  私がフリーメーソンやイルミナティを含めてロスチャイルドやロックフェラーのことを研究しはじめたのは1980年頃からでした。いまから27、8年前になります。経営コンサルタントとしてそれらを知ることが必要だったからかなり詳しく知りました。ですから、これまでの太田さんのお話しはよくわかります。
 シークレット・ガバメント(秘密の政府)といってもよい一握りのグループが、アメリカ独立戦争、フランス革命、コミンテルン、第1次、第2次世界大戦、中国の共産政権をつくったのも、いまのアメリカを支配しているのもわかります。しかし、それらのことはそれでもよかったのではないのかというのが私の意見なのです。
 日本は多分、ロスチャイルド家の書いたシナリオ通り、幕末~明治の歴史が動かされ、明治天皇のすり替え事件というのも恐らく本当だろうと思います。いま、太田さんが言われた3人の天皇も裏切られたのかもわかりませんが、シークレット・ガバメントの戦略を知らず、明治維新が起きて、まったく維新の真実がわからないような指導者が上のほうにいて、ロスチャイルドのシナリオ通り動かされていったのでしょう。
 とくに最近、睦仁天皇が殺されて大室寅之祐が明治天皇にすり替わったという話は、いろいろな人が書いていますし、多くの証明もありますから、間違いはないと思います。しかし、それはそれで、ひとつのシナリオというか、世の中全体を統括しているより大きな存在、サムシング・グレートがつくったシナリオではないのでしょうか。良い世の中になるために、当時の日本人が決め手を思いつかなかった方向に幕末から明治へと日本が変わっていったのでしょう。ですから、こうした推移を肯定して、これから良い世の中をつくったらよいと思っています。

More
[PR]

by sadomago | 2009-04-08 14:19 | 啓示・気付き
2009年 04月 07日
日本人が知らない「人類支配者」の正体(2)
日本人が知らない「人類支配者」の正体(1) 続き
http://sadomago.exblog.jp/10666940/

日本人が知らない「人類支配者」の正体
2007年10月5日 1刷発行
著者 :船井幸雄・太田龍
発行所:株式会社ビジネス社

第5章
未来は決まっていない―良い未来はつくりうる 船井幸雄

 過去を正しく知ることは必要だ。ただし過去にとらわれる必要はない P176~

More
[PR]

by sadomago | 2009-04-07 13:47 | 啓示・気付き
2009年 04月 06日
日本人が知らない「人類支配者」の正体(1)
日本人が知らない「人類支配者」の正体
2007年10月5日 1刷発行
著者 :船井幸雄・太田龍
発行所:株式会社ビジネス社

第一章 
 「日月神示」が予言する日本の立て直し
 ※日本の立て直しを予言する『日月神示』の役割
 P43~

船井 2004年の2月の神憑(かみがかり)りがあってから私は大本数のことと、岡本天明さんに神憑った「日月神示(ひつきしんじ)」のことを勉強し始めました。そこで、わかったのは「日月神示」がたいへんすばらしい神示だということです。また「日月神示」も艮(うしとら)の金神(こんじん)さんの系統の神の神示のように思います。私は艮の金神というのは1万年より新しい神だと思うのです。日本のことについて一生懸命考えている神様のようです。最終的には日本という国を良くし、地球と人類を良くしなければならないというのが艮の金神や「日月神示」の目ざしているテーマのようです。

More
[PR]

by sadomago | 2009-04-06 14:22 | 啓示・気付き