カテゴリ:心と視力・光療法( 8 )

2006年 07月 12日
光療法・備考
ドナの結婚
 自閉症だったわたしへ
 Copyright(C)1996 by Donna Williams

発行:2002.3.30 新潮社
著者:ドナ・ウィリアムズ
訳者:河野万里子


P211~
 メグは大きなケースを開けた。あらゆる色の、あらゆる種類の濃さがそろったレンズとフィルターが現れた。そのうちの一組を、メグはこちらにわたした。現在のめがねの上に、わたしはそのフィルターのめがねを重ねてみた。 圧倒されそうにまぶしかった部屋の様子が、少しやわらいだが、それだけだった。 メグは、次のものをわたしてくれた。空中に浮かぶ細かい埃のようなものが、いっそうくっきり見えた。思わずうっとりしたが、これではわたしにとって何の助けにもならない。 三つ目のものは、部屋の陰影の具合がただ変わっただけだった。そうして最後に、ようやくわずかにものがよく見えるめがねと出会えた。 物そのものの情報から注意をそらしてしまうまぶしさや、影などを取りのぞくものとのことだった。
 <中略>
P212~
 触覚も、聴覚も、人格も、周囲に対する感覚や反応も、すべてがばらばらでしかなかったこれまでの世界で、断片的ではない完全なひとつのものというのは、わたしにとっては想像するものでしかなかった。 けれどたったひとつの経路が――視覚という経路が――ひらけただけで、想像などする必要はなくなったのだ。 わたしは実感することができるようになったのだ。
「ちょっとまって」 メグが言った。「今までかけていためがねで、壁に掛かっている視力検査表を読んでみてくれる?」 
 わたしはかけていた二重のフィルターをはずし、視力検査表を見た。 めがね屋にあったのと同じものだった。
 めがねをかけていると、どの文字も近くには見えるのだが、ゆがんで見えたりばらばらに分裂して見えたりするのは、そのままだ。
 メグに言われて、次にめがねもフィルターもなしで見てみると、表に当たる光の反射と、印刷に落ちる影とで、全体がゆがんで見え、文字はどれも振動してみえた。

「じゃあ今度、フィルターだけかけてみて」>>>
[PR]

by sadomago | 2006-07-12 12:26 | 心と視力・光療法
2005年 11月 01日
「光の医学」 ジェイコブ・リバーマン
 エネルギーのレベルでは、恐怖や怯えを感じると私達の身体はすべて閉じたり縮んだりし、経験を消化したり同化したりすることができなくなる。エネルギーは突然せきとめられ、「にっちもさっちもいかなくなる。」そのとき、息をとめていたりするかもしれない。息を止めていれば生命力は流れない。ものすごく恐ろしい体験をすると私達は、心や体と同時にエネルギーをその場でせき止めてしまう。こうした体験につながる苦痛を二度と感じたり、味わいたくないからだ。フロイトもストレスが呼吸に与える影響を認めてこういっている「両親にどなられるとき、私たちは息を止める。」
 身体レベルでは、体内をめぐるエネルギーの流れが遅れたり止まったりすると、対応する器官や筋肉の中に毒素がたまり、生理学的な機能不全や不安が生まれ、ひいては病気になる。病気は、体の特定の生理機能のエネルギーの流れが滞った果てに起きるものなのである。
 心のレベルでは、精神的外傷を与えた事柄を記録する部分がこうした特別な出来事につながる痛みや記憶を二度と味わわないようにするためにドアが閉じられる。知覚的に呼び戻すためには眼の特定の動きが引き金として使われるので(第2章参照)、恐怖に対して、人は一つの凝視のパターンをつくり出す。すなわち防御のメカニズムとして、特定の眼の動きを禁じて代わりに頭をくまなく動かすのである。ずっとこうした形の凝視を行い、いつも眼の動きをしないでいると<乱視>の状態になる。たいていの眼科医は乱視が角膜の湾曲によって起きるといっているが、私の診察経験からは、こうした湾曲の差が実際に乱視の<原因>にはならないことが多い。これはふだんの眼の使い方から生まれる物理的な<結果>である。明らかに、私たちのふだんの感情の対応は肉体的なものの見かたに影響をあたえているのだ。

受容性の減少

・・・・朝の光(スペクトルの赤の端)と夜の光(スペクトルの青い端)のどちらかの成分に対する「アレルギー」があるのだろうか?サングラスを常用する人はどうなのか?サングラスも黄色やピンク色だと明るく見える(刺激する)し、青色や褐色だとくすんで見える(弱める)。一方黒色と白色の両極端の中間にあるくすんだ灰色ならば、もっと均一にすべての波長の光量を減らす。いつもサングラスをかけるというのは、受け入れたくない(=未解決の問題を再び思い出せるような)スペクトルの領域を、心が無意識のうちに「締め出そう」としているのではないか?ダービィッド・クーパー博士は最近、眼が光の特定の波長を選んで吸収したり反射したりすることに気づいた。これは人によって著しく異なる。「光の物理学」と題した論文に博士は次のように書いている。

妻が喜んで実験台になってくれたので、直接彼女の瞳を測定する器具を設置した。光源の成分を測定すると、彼女の眼に実際はどの波長が「入ってきているのか」がよくわかた。彼女の眼から何が反射されているのか測定することは非常に興味深かった。反射されていたのは、ほんの2つ、3つのとても狭い周波帯の光だった。一つは可視光の黄緑色の領域、他方は赤色であった。そこで自分の瞳を調べてみると、同じような結果が得られた。違ったのは、スペクトルの赤端のある一つの狭い周波帯の光が私の眼から反射されていたことだけだった。ジェイコブ博士がたまたま市内にいたので、彼の眼でも実験を繰り返した。結果は私や妻のものとかなり違っていた。可視光の全波長に及ぶはるかに多くの光が彼の眼から反射されており、それはさながらフルスペクトルの光源のようだった。


More
[PR]

by sadomago | 2005-11-01 07:22 | 心と視力・光療法
2005年 10月 16日
世界が透けて見える-X線の眼を持つ少女(2)
x51.org
http://x51.org/x/05/04/2134.php

【Pravda】この度、ロシアに住む人間の身体を透視する能力があると言われる少女、ナターシャ・デムキナが英国と日本の科学者らの調査に応じ、その能力が本物であることを証明したとのこと。サランスクに住む17歳のモスクワ医学大生、ナターシャ・デムキナはあたかもX線のように人体を透視する能力があるとして、近年、世界的に話題となった少女である。彼女はこれまでロシアではもちろん、米国はニューヨーク、また英国はロンドンの科学者らに招待され、彼女が主張する能力を検証するための実験に参加し、驚くべき結果を各地で示し続けてきた。

More
[PR]

by sadomago | 2005-10-16 06:49 | 心と視力・光療法
2005年 10月 16日
世界が透けて見える-X線の眼を持つ少女(1)
x51.ORG
http://x51.org/x/04/01/1824.php



【Hindustantimes】ロシアにてX線写真(レントゲン写真)のように人体や物の内部を透視する事が出来る少女が現れ、話題になっている。モルドヴィアはサランスク在住のナターシャ・デムキナさん(16)は物や人体の内部を透視する能力を持っている事を主張、その能力を確かめる為に地元の病院にて調査を受けたところ、確かに彼女が主張する通り特殊な能力を持っていることが確認され、調査に当たった医師達を困惑させているという。当初、彼女はX線ビジョンの事を医師に話したが冗談だとして一笑に付され、腹を立てて医師らに調査を依頼、結果、彼女の特殊能力が実際に確認され、医師達は彼女の言葉を認めざるを得なくなってしまったのである。

「何でも透けて見えてしまうから、人は気味悪がって私に見えないように物を隠してしまうの。どうなってるのかは私自身分からないわ。だけど、とにかく、見えてしまうの。」ナターシャはそう話している。

「あの子が何か特殊な子供だった事は分かっていました。あの子は生後6ヶ月でもう言葉を喋ってたし、3歳の時は一人で本を読んでいたんです。でも流石に物が透けて見えるって言い出した時は私も心配になったので、病院に連れて行って調査してもらったんです。」彼女の母親はそう語った。

More
[PR]

by sadomago | 2005-10-16 06:48 | 心と視力・光療法
2005年 10月 08日
オーラを知る・見る・活かす
オーラを知る・見る・活かす
遠藤昭則
中央アート出版社
2001年9月10日第一刷発行

7 感性がよくなる
P80 L14~
 オーラを見たり、相手からの印象を感受しようとするためには、自分の心の中のどこかにおちつきがなければなりません。自分の心が起こす雑音をできるだけ少なくして、得られる印象などに耳を傾けなければならないからです。
 アメリカ、カリフォルニアのIBM社に勤めていたマルセル・ヴォーゲルという研究員は、植物が人間の考えに反応するということを発見しました。そして1971年にある実験を行います。
 彼がリラックスして目の前の植物に愛情を注ぎ始めると、植物に取り付けた高感度検電計の針が大きく揺れ始めたというのです。彼が心を静め、植物との一体感を得たことによって、植物が反応したのです。やはり、外界に振り回されていたのではいけないのでしょう。人の持つ目や耳、鼻、口といったような感覚器官を、暴れ馬を御するようにしずめなければならないのです。すると自分の内部に相手との愛情ある一体感がやってくるのです。
 これは、植物のもつ内面の美しさを心でかんじとることになります。彼は他にも実験をしています。それは、一人の少女が彼のところにやってきてから始まりました。
 ヴォーゲルが彼女に言ったのです。
「ねぇ、君は植物の中に入れるかな?」
 少女は静かにうなずいて、瞑想に入りました。まず根から自分が入っていくことを想像し、茎の中、葉の中へと移動して行ったのです。彼女は途中の水の流れや移動していく細胞の様子、そして葉の細胞の様子を細かく瞑想から覚めて言いました。その描写は、科学的にまったく正しいものでした。
 彼は後に同じような実験を数十人の人に対して行いましたが、やはり結果は同じでした。そしてその中の数名の子供たちは葉や茎と完全に一体化してしまし、自分の思うように葉を動かすことさえ出来たというのです。
[PR]

by sadomago | 2005-10-08 10:00 | 心と視力・光療法
2005年 08月 06日
ブライアン・L・ワイス(1)
未来世療法 ブライアン・L・ワイス
PHP研究所
2005年6月22日 第1版第1刷発行

ごく手短に「魂の伴侶』の中で紹介していますが、私にもある例が報告されています。それも患者自身からではなく、マイアミのマウント・サイナイ医療センターの心臓の医者から直接聞いた話です。彼は非常に学究的で理性的な科学者です。
 高齢の糖尿病患者が、検査のために入院しました。入院中に、彼女は心臓マヒを起こし、心臓が停止して昏睡状態に陥りました。医師たちはもうだめだと思いましたが、それでも必死で救命措置を施し、彼女を担当している心臓の専門医に助けを求めました。彼は集中治療室に飛んで来ましたが、その時、特徴のある金色のペンを落としてしまいました。そのペンは向こう側の窓の下まで、床を転がってゆきました。蘇生措置の合間に、彼はそのペンを拾いあげました。
 その女性は後に、次のように報告しました。医師団が彼女の措置をしている間、彼女は体から浮かび上がって、窓の近くにあったカートの上あたりから、すべてのプロセスを観察していました。それも一生懸命、見ていました。医師団が手当てしているのは、彼女自身だったからです。彼らに、私は大丈夫よ、そんなに必死にやってくれなくてもいいのよ、と呼びかけたいと願ったのですが、彼らに自分の声が聞こえないことも、彼女は知っていました。心臓の専門医の肩をたたいて、私は元気よと知らせようとしたのですが、彼女の手は彼の体を通り抜け、しかも、彼は何も感じてくれませんでした。彼女には自分の体のまわりで起きていることすべてが見え、医師たちの話す言葉もすべて聞こえました。でも、イライラすることに、誰も彼女の声を聞こうとしてはくれませんでした。
 医師の努力が実りました。その女性は生き返りました。
「私はその様子を全部見ていましたよ」と彼女は心臓の専門医に言いました。
 彼はびっくりしました。
「そんなはずはありません。あなたは意識がなかったのですよ。昏睡状態だったのです」
「先生が落としたペンはとてもきれいでしたね。とっても高いものでしょう?」と彼女は言いました。
 「え、見ていたのですか?」
 「そうですよ、そう言ったでしょ」
 そして、彼女はさらにペンのことや医師や看護師が着ていた服のこと、集中治療室を出入りしていた人たちのこと、それぞれが何をしていたかなど、そこにいた人以外には知りようのない事柄について、語り続けたのでした。
 数日たってその話を私にする間も、彼はまだ震えていました。その女性が話した事柄はすべて起きていたこと、そして、彼女の話が正確であることを彼は確認していました。それでも、彼女の意識がなかったのは間違いありませんでした。その上、彼女は五年前から、目が見えなかったのです! しかし、彼女の魂は目が見えたのでした!
 

ブライアン・L・ワイス(2)
[PR]

by sadomago | 2005-08-06 12:16 | 心と視力・光療法
2005年 07月 29日
ジェイコブ・リバーマン(2)
「近視は治る」 ジェイコブ・リバーマン 
日本教文社

P27~

主治医は眼鏡を処方してくれたが、母親はかけさせるべきかどうか迷っていた。
私は問診の時、少年に、谷間の向こうのはるか遠くの山並みを見てごらんといった。
「どんなふうに見える?」と尋ねると、「よく見えるよ。チャートのあの文字が読めないだけなんだ!」という答えが返ってきた。


P79~

私の視力がどうして広がったのか、全くわからなかった。その後、実は視力が一箇所から生じるのではないとわかるまでに数年かかった。
見る能力は心身のすべてにわたって、もっと広く存在しているのである。
フランスの作家・哲学者でレジスタンスの闘士でもあり、幼児期の事故で全盲となったジャック・リセイランも同じような体験をしている。
彼は事故の直後、完全に両目がつぶれたにもかかわらず見えることに気付いた。
彼は自伝『そして光があった And There Was Lihgt』の中で、包帯をはずした直後に起こったことを次のように述べている。

盲目とは見えないことだと・・・・まわりの人は言う。けれども、自分が実際に見えているときに、どうして彼らの言うことが信じられよう?
すぐには無理だ・・・・その時でもまだ自分の眼を使いたかったのだ。それで私は、これまでどおりの眼の動きにしたがった。・・・
ある日とうとう・・・・・わかった。見方が悪かったのだ・・・・
とんでもないことをしでかしていたのだ・・・自分のほうを合わせようともしないで、眼鏡だけ取りかえる人がしでかすような間違いを。
対象からかなり外れたところを見たり、表面ばかりを見つめすぎたり・・・私はもっと仔細に見ることにした。その対象をでは無く、自分の身の回りを。・・・
盲目にもかかわらず、私には光が見えた。そしてそれを見つづけた・・・私には不思議なことではない・・・現実だ。
目の見える人が見ているという事実を否定できないのと同じように、私もその事実を否定できない。
 

Copyright(C) 1995 by Jacob Liberman
[PR]

by sadomago | 2005-07-29 07:16 | 心と視力・光療法
2005年 07月 29日
ジェイコブ・リバーマン
「近視は治る」 ジェイコブ・リバーマン 
日本教文社


P31~

こうした三次元の像はわたしたちにはおなじみであって、生きものさながらの動きを見せてくれる。
しかし、そうした娯楽面での価値はともかく、驚くべきなのはホログラム上のどの点も全体像がもっているのと全く同じ情報を含んでいると言う特性である。
普通の写真をビリビリに破いてしまえば、その切れ端を全て集めないと全体像は復元できない。しかしホログラムは、膨大なデーターを貯蔵できるために、小さな断片がひとつあれば全体像を復元できる。
本書を読めば、視力もホログラフィックなプロセスにほかならないということがわかるはずだ。
私は、視力が体内のひとつの点 -たとえば眼- でうまれるのではなく、身体と、私たちをとりまくエネルギー場との相互作用からうまれるということを発見したのである。・・・・・

・・・私は、人体の他のあらゆる部分と同様に、眼も考える細胞からできていることを発見した。
悲しい時やおびえている時、私たちは悲しそうに、あるいは怖ろしそうに見える。開放的な気分の時には、私たちの視力は文字通り広がる
次の発見はさらに衝撃的だった。体内のあらゆる細胞は独自の神経ペプチドをつくりだすというのだ。どの細胞も、私たちの感情を「感じ取ったり」、思考を「考えたり」する。
と同時に、私たちの生理的な反応を制御するために忽然と現れては化学的メッセンジャーを形作る。どんな細胞も全体のことを知っているというこの発見は、生理学に新しく登場したホログラフィックモデルの基礎となった。
チョプラが公演で語った言葉を借りれば、「心は脳から逃れた」のである。
その発見はまた、賢人や導師(グル)たちが何時も諭しているように、身体が心から生じてくることを示しており、私が検眼学校で学んできたことと全く逆のことである。

Copyright(C) 1995 by Jacob Liberman
[PR]

by sadomago | 2005-07-29 06:51 | 心と視力・光療法