カテゴリ:音楽と生命とリズム( 4 )

2009年 04月 10日
日本語はなぜ美しいのか(2)
日本語はなぜ美しいのか(1) から 続き
http://sadomago.exblog.jp/10687306/

日本語はなぜ美しいのか
集英社新書0374E
2007年1月22日 第1刷発行
2007年6月19日 第5刷発行
著者:黒川伊保子(くろかわいほこ)
発行所:株式会社集英社

対話の目的が違う! P168~

 さて、母音語族の日本語、子音語族の世界各国語。この違いに気づいたとき、私はぞっとしてしまった。
 なぜなら、「嬉しかった、ありがとう」の溶け合うような親密感に比ベて、「光栄でした、感謝します」の冷ややかなこと……この違いが、言語全体に流れているということだからだ。
 すなわち、潜在意識で母音骨格をつかむ私たち日本人は、話しているうちに、意識レベルで相手と融合してしまう。意味的な合意を得られなくても、一定時間話し合えば、なんとなくわかり合えた気になる。日本語はそういう特性の言語なのである。「話せばわかる」とはいかにも日本人らしい名言だと思う。
 おそらく、子音語族の使い手からしたら、曖昧(あいまい)で何を言っているかわからない会話に見えるだろう。しかし、意識レベルで他者と融合するのは、素晴らしい政治力だと私は思う。なぜなら、日本人にその癖がなかったら、祖国の美しい街々に原爆のような残酷な爪痕を残した国と、あんなにすぐにニコニコ笑って付き合えただろうか。意味論的には「?」でも、結果、柔軟でタフな国民性である。

More
[PR]

by sadomago | 2009-04-10 13:51 | 音楽と生命とリズム
2009年 04月 09日
日本語はなぜ美しいのか(1)
日本語はなぜ美しいのか
集英社新書0374E
2007年1月22日 第1刷発行
2007年6月19日 第5刷発行
著者:黒川伊保子(くろかわいほこ)
発行所:株式会社集英社

母音と身体性P156~

 心を無防備にする母音には、もう一つ、身体性と深く結びついているという特徴がある。
 先に述べたが、渋谷のセンター街で、夜に、家にいるはずの妻の姿を見かけたら、誰でも「あっ」と驚いて立ち止まるだろう。
 このとき、身体は、脳天から吊られたような状態になって、余分な力がどこにも入っていない、完璧なニュートラル・バランスだ。ダンスでは、このニュートラル・バランスを厳しく要求されるが、実際、ワルツのレッスンのときにはなかなかこのバランスはとれないものである。なのに、「深夜の渋谷で妻と遭遇したら」、ワルツのターンなんて考えられないような姿勢の悪いおじさまでも、すっと背筋が伸びる。これが、口腔部を高々と上げる「あっ」の威力である。
 口腔部は、すぐ後ろの小脳に身体感覚を直接に伝える。このため、入力情報はかなり大々的に伝わるのだ。足なら1センチなんて誤差の範囲だが、口腔部の1センチは大きい。銜(くわ)えるタバコの直径が今よりーセンチ太くなったら、まるで丸太を銜えたように感じるはずである。
 さて、渋谷で妻を見かけた夫の話である。夫婦関係が健全なら、夫は妻に近づいて声をかけようとするだろう。

More
[PR]

by sadomago | 2009-04-09 13:51 | 音楽と生命とリズム
2006年 02月 19日
やさしさに包まれたなら
やさしさに包まれたなら

作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆

小さい頃は神さまがいて
不思議に夢をかなえてくれた
やさしい気持で目覚めた朝は
おとなになっても 奇蹟はおこるよ

カーテンを開いて 静かな木洩れ陽の
やさしさに包まれたなら きっと
目にうつる全てのことは メッセージ

小さい頃は神さまがいて
毎日愛を届けてくれた
心の奥にしまい忘れた
大切な箱 ひらくときは今

雨上がりの庭で くちなしの香りの
やさしさに包まれたなら きっと
目にうつる全てのことは メッセージ

カーテンを開いて 静かな木洩れ陽の
やさしさに包まれたなら きっと
目にうつる全てのことは メッセージ
[PR]

by sadomago | 2006-02-19 22:52 | 音楽と生命とリズム
2005年 12月 04日
音楽の可能性
ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/home.html

樹の上の秘密基地
http://www.1101.com/nintendo/eigo/index.html

大合奏バンドブラザーズ!

第2回 ゲームの枠をはみ出た変なもの
http://www.1101.com/nintendo/band_bros/02.html



****前略****

音楽で遊ぶ、遊び道具なんです。
『大合奏!バンドブラザーズ』
ディレクター 西田 勝 

このソフトは、いわゆるゲームの枠を、ちょっとはみ出た変なものなんですよ。
「こんなことができたらいいな、 あんなことができたらいいな」って、
音楽で遊ぼうっていうことに関して、あれやこれややってたら、
気がついたら変なものができちゃったと。
で、変なものができたんだけど、ひとことでは言えなくて。

世の中の人は、これは音ゲーだと思うんですね。
でも、いわゆる音ゲーの好きな人だけがおもしろいもんではなくて。
たとえば、たくさんの人が集まって遊ぶと、ものすごく不思議な感覚になるんですよ。
多人数での合奏を経験すると、それが忘れられなくなってしまう。

これは開発の途中であった話ですけど、スタッフが仕事を放り出して、
「合奏をしたくてしかたがない!」みたいな状態になっちゃったんです。
ずっと合奏を続けたいんだけど、仕事をしないと納期までに終らない(笑)。
合奏なんかしてる場合じゃないんだけど、でも合奏をしたい、っていう状態で。
作業をしていてもですね、隣で合奏がはじまったりすると、
もうウズウズしてしかたがない。
そんな状態にみんながなってしまったという不思議なゲームなんです。

既存のゲームメディアでは、この『大合奏!バンドブラザーズ』は、
うまく表現できないと思うんです。
なぜかというと、ゲームじゃないから(笑)。
でも、ゲームメディアの人をはじめ、これまでのゲームをよく知っている人は、
これは音ゲーとして見るわけですね。
「音ゲーとして何が新しいか?」とか、ういう目で見ると思うんですけど、
私たちは最初から、音ゲーから離れたところから、
このゲームをつくりはじめているんです。

音楽って、趣味としてすごく幅広いもので、「音楽をたのしんでいる人」って
ものすごく多いじゃないですか。
そんなふうに愛されていて、楽しんでいる人が多い「音楽」というものが、
ゲームとくっついたときに、それも、新しい構造のゲーム機とくっついたときに、
「なにができるんだろう?」というのが『大合奏!バンドブラザーズ』の発端だったんです。

ですから、(今回ご紹介した)五線譜をつかったエディットモードも、
現場でつくるなかで出てきて、できあがってみたら、現場がまず、たのしんでいた(笑)。
もう、みんなでおもしろがって、曲をどんどん入れるようになって。
社内にはデバッグ担当のグループがあるんですが、そこの人たちも、1日ですごい曲を
打ち込んできたりして、そのデータをみんなでやり取りしたりして。
いま流行ってる曲とかを誰かが突然持ってくると、ものすごく盛り上がるんです(笑)。
もちろん、それをみんなで合奏して。

つまり、音楽の素養がある人にとってはもちろん、音楽が趣味です、という人にとって、
ものすごくおもしろい道具になった。
「これは新しい楽器です」という言いかたもできると思うんですけど、
それ以前にやはり、音楽で遊ぶ、遊び道具なんです。
音楽をつかって、幅広く遊ぶ道具。ひとりで音楽を演奏して楽しむこともできるし、
何かを打ち込んで合奏することもできるし、打ち込んだ曲を聴くこともできるし、
それを人にあげることもできるし。

そしてなにより、人と合奏して、うまくいったらものすごく気持ちいい。
デバッグしている人たちが、演奏がうまくいってハイタッチし合っているようなところを見ると、
「ああ、おもしろいものをつくったな」って、あらためて思えるんです。
実際に音楽を人と楽しむときに起こるいろんなことが、全部このひとつのソフトの中に
結実してると思うんです。

音ゲーっていうと、ふつう、ゲームのなかに用意された曲を極めてしまうと、
古くなって消費されてしまいますよね。
ところが、このゲームはそうではない。
自分たちで新しい曲をつくることができるし、今後、新曲をなにかのかたちで
配ることだってできるだろうし。
これはまあ、理想ですけれども、誰かがつくったオリジナルの曲が、
じわじわと日本中に広まっていく
ということだってあるかもしれない。
あるとき、北海道で生まれた曲が、いつのまにか沖縄で演奏されたり、
『大合奏!バンドブラザーズ』で生まれた曲が日本中でものすごく流行ったり‥‥。
そんなことが起こらないかなと、こっそり、まじめに思うんですよ。
それくらい、おもしろいものになったと思います。
そのおもしろさ、奥深さが、既存のメディアとか、短い時間の試遊では、
なかなか伝わりきらないんで、この場で少しでも伝わればいいなと思います。

More
[PR]

by sadomago | 2005-12-04 13:07 | 音楽と生命とリズム