2005年 12月 19日
形態形成場理論:リンク
プリオシン海岸
http://www.pcs.ne.jp/~yu/
  結晶(進化の共鳴)
  http://www.pcs.ne.jp/~yu/chain/crystal/crystal.html

結晶グリセリンの宣教


進化の共鳴




カムパネルラは
そのきれいな砂を
一つまみ
掌にひろげ
指できしきしさせながら
夢のように言っているのでした
「この砂はみんな水晶だ
中で小さな火が燃えている」

「北十字とプリオシン海岸」


 20世紀初頭、オーストリアのウィーンの工場からロンドンの港に樽詰めのグリセリンが運ばれてきました。元来化合物は結晶化できるものがほとんどですが、当時グリセリンは研究者がいくらがんばっても結晶化せず(つまり固体にならず)、当然この樽詰めのグリセリンも液体でした。しかし、海を渡ってきたその中の一樽が結晶化していたのでした。

 この結晶化したグリセリンは試料として研究者に配布され、摂氏18度で結晶化することが確かめられましたが、その後もその試料を種として世界中で研究が続けられていくうちに、直接接触のないグリセリンまで結晶化始め、それは研究室にとどまらず、世界規模で同時発生的に生じることになったのです。

 次は第二時世界大戦中の話です。ある工場でエチレンジアミン酒石酸という物質の結晶に異常が起きました。正常型の結晶ができず異常型の結晶ができたのです。そして、やはり先の話と同じようにどこの工場でも異常型の結晶が出現するようになったのです。ここにはなんらかの共鳴現象が見られます。

 ここでひとつ思い出すことがあります。日本の幸島のサルの話です。童話にまでなった逸話なので、ご存じの方も多いでしょう。ある若いサルが海でイモ洗いを始め、それが若いサルの中で徐々に広まっていき、百匹(正確には何匹なんて言えませんが)に増えた時、群全体にその習慣が広まったという事実です。そしてやはり話はここで終わらないのです。この島で広まった習慣が、サルの交流がない他の島にまで広まっていったのです

 一方は生命がないとされる物質、他方は生物の文化。まるで違うものが同じ信仰を共有しているかのようです。同じようなことがラットの世代間をわたる学習成果や人間の記憶で確認されたりもしていますが、だったら生命そのものはどうなのかという疑問が生まれます。






 生命の形態は遺伝情報(DNA)が握っていると長い間私たちは考えてきました。形態どころかその行動まで支配しているとして、「生命は遺伝子の乗り物である」という言葉が誤解を含みながら言い古されてきました。それを修正する形でミームという概念も登場してきています。しかし、新たに現れた病原体によって新たな疑問が生まれてきました。

 その病原体は先年イギリスから発生した狂牛病と言えばご存じでしょう。もう少し正確には牛スポンジ脳症、もっと正確に言えばウシ伝染性海綿状脳症(BSE)。羊にも同じ病気でスクレイピーとして昔から知られていました。ここで問題になってきたのは人間のクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)との類似性というか、関連性です。

 1982年、スタンリー・プルシナーはクロイツフェルト・ヤコブ病の研究の中で、スクレイピーの原因は新種のタンパク質病原体であるとし、これをプリオンと名付けました。しかし、研究を続ける中で、プリオンそのものが原因ではなく、プリオンを構成している何かが影響しているのだと軌道修正しました。なぜならプリオンが増殖するのにDNAが関わっていなかったからです。核酸(DNAとRNA)は放射線によって破壊されるものであるにもかかわらず、プリオンはそれでも感染力を保持していたのです。またプリオンのDNAは人間の正常な細胞からも見つかりました。プリオンの異常型が病を引き起こすのです。これで生命も例外ではなく、宇宙にはフレームを伝播させる媒体があるという仮説が生まれてきます。

 すでにこの仮説は「形態形成場理論」としてルパード・シェルドレイクが発表しています。その伝播ははじめは緩やかであるが、ある臨界点を越えると時空を超えて爆発的に広まるというわけです。この説の元は、きっと学校の生物で学んだことのあるイモリの足の再生です。1922年、ソ連のアレクサンドル・グルビッチが「形態形成場」という概念を提唱していたのです。

 融点が摂氏55度の氷がひとかけら海に落ちたら、たちまち海が凍り付き、生物の体液も凍り付くという、怖いSF小説もありますが、もっと楽しい想像をしたいものです。

 21世紀はいよいよ宇宙時代の幕開けになることでしょう。「宇宙からの帰還」を読んだことがある人なら、宇宙には何か人を純化する力が働いていると感じたのではないでしょうか。ある一定数の人々が宇宙空間へ出ることで、人類の進化がプラスに跳躍すると思いたいものです。
[PR]

by sadomago | 2005-12-19 08:17 | とりあえずノンジャンル


<< 降霊術ってどうやるのかおしえて...      ヒーリングを妨げるものの存在 ... >>