2005年 10月 25日
書評 「不登校という生き方」 [評者]天外伺朗
asahi.com 
http://www.asahi.com/home.html


不登校という生き方 教育の多様化と子どもの権利 [著]奥地圭子
http://book.asahi.com/review/TKY200510180338.html

[掲載]2005年10月16日
[評者]天外伺朗

 不登校、ひきこもりなどが激増している。ほとんどの人が、過保護などのためだとし、怠け、病気、甘え、発達の遅れなどと否定的に見ている。

 著者の主張や活動は広く知られているが、長年にわたってそういう見方に真っ向から反論してきた。いまの社会や学校教育が、競争、管理、上下関係、押し付けに満ちており、子供たちの個性、興味、感性を押しつぶしている。それに対するのっぴきならない生命の反応が不登校になっていると解釈する。

 著者はかつて、小学校の教員時代に自分の子どもが次々に不登校になってしまった。何とか登校させようとあせるうち、長男が拒食症になり泥沼化。ところが、一度のカウンセリングで拒食症が治り、自分がいかに子供の心に寄り添っていなかったか、愕然(がくぜん)とする。

 そして教員をやめた著者は、不登校児などが自由に参集する「東京シューレ」を設立する。それが、いわゆるフリースクールのはしりだ。本書は、その20年に及ぶ苦闘の集大成。子供たち、親たち、行政と格闘し、運動を横に広げ、世界的になっていく様子が生き生きと語られている。また、社会や学校教育や文科省の不登校対策の問題点などにも、多くのページがさかれている。子供たちが全面的に受け入れられると「自らの内に秘められた宝物が生きて動く」様子は感動的だ。

 著者は学校のあり方に問題があるので、不登校児を無理やり学校に引き戻そうとする社会がいけないと主張する。そうだとすると、学校環境が急激に劣化したのだろうか。

 一般常識からは突飛(とっぴ)に聞こえるだろうが、私は子供たちの変化が大きいと考えており、この現象を「人類の進化」ととらえている。かつて槍(やり)で動物を仕留めていた時代に発達させた、アドレナリン系のホルモン分泌が弱く、闘争が苦手な子供たちが登場してきたのだ。いまの競争社会や画一的な教育システムが絶対なのではなく、いずれ進化していくだろう。

 そう考えると、著者の活動はまさに時代を先取りしてきたといえる。来るべき次の社会へのヒントを秘めた一冊だ。






健康本の世界
http://khon.at.infoseek.co.jp/
天外伺朗

http://khon.at.infoseek.co.jp/chosha/t037.html
1942年、兵庫県生まれ。大学で電子工学を専攻したのち、大手企業の研究所で活躍。CDをはじめとする先端技術開発に携わった経験を生かし、科学技術評論、人材開発論に健筆を振う。
著書に、『人材は「不良社員」から探せ』『「超能力」と「気」の謎に挑む』(以上、講談社ブルーバックス)、『ここまで来た「あの世」の科学』『未来を開く「あの世」の科学』『般若心経の科学』(以上、祥伝社)、『理想的な死に方』(徳間書店)、『宇宙の根っこにつながる生き方』(サンマーク出版)、『「あの世」の科学・「この世」の科学』(PHP研究所)などがある。
97年より、理想的な死に方につながる光り輝く日々のための集まり、「マハーサマーディ研究会」を主宰している。

マハーサマーディ研究会
天外伺朗 著「宇宙の神秘 誕生の科学 生まれる命が地球を救う」(PHP研究所、1999年3月8日 第1版第1刷)より

天外伺朗 主宰
プリンシパル・コントリビュータ(講師陣)
青木宏之(新体道協会会長、文学博士)
植原紘治(ルンルの会代表)
浦田紘司(「空気功」空の会会長)
大野明子(お産の家、明日香医院院長)
刑部恵都子(ナチュラルヒーリング研究会主宰)
帯津良一(帯津三敬病院院長、医学博士、日本ホリスティック医学協会会長)
佐治春夫(玉川大学教授)
渋谷直樹(渋谷脳神経外科クリニック院長)
高木善之(ネットワーク「地球村」代表)
津村喬(関西気功協会代表、評論家)
寺山心一翁(フィンドホーン財団評議員)
中森じゅあん(算命学研究家、「樹の会」主宰)
成瀬雅春(デバイン・ヨガクラブ主宰)
原久子(原瞑想アカデミー主宰)
藤波襄二(人体科学会会長、日本ホリスティック医学協会前会長)
ペマ・ギャルポ(チベット文化研究所所長)
松原泰道(南無の会会長)
森津純子(ひまわりクリニック主宰)
山折哲雄(国際日本文化研究センター教授)
矢山利彦(佐賀県立病院好生館外科医長)
湯浅泰雄(人体科学会前会長、桜美林大学教授)
湯川れい子(音楽評論家)
梁陰全(全日本気功協会主任講師)

関連記事
アメリカホームスクール事情
[PR]

by sadomago | 2005-10-25 07:00 | 子供達


<< 霊能者からのアドバイス      サイバー・トーク >>