2005年 10月 18日
霊魂の存在に関する学術的研究(下)
HOTWIRED 

霊魂の存在に関する学術的研究(下)
2005年10月11日 2:00am PT
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20051017307.html

ヒューマン・エネルギー・システム研究所の所長を務めるゲリー・シュウォーツ教授(心理学)は次のように話した。「われわれの研究は3つの領域に分かれている。1つ目はいかにも物議をかもす領域。2つ目は非常に物議をかもす領域。そして3つ目は極度に物議をかもす領域だ」

 その3つ目の領域にあたるのが、霊媒師に電子メールで質問するシュウォーツ教授の新しいプロジェクトだ。このプロジェクトでは、研究者が死者の遺族と話をした後、その死者に関する質問を電子メールで霊媒師に送る。シュウォーツ教授によると、霊媒師が前もって知らされる情報は死者の名前だけだという(もしかしたら死後の世界にも、電話番号案内のような便利なサービスがあるのだろうか)。プロジェクトのための霊媒師は現在募集中だ。

 霊媒師は2人の死者に関する質問に答え、研究者がそれら2つの回答を比較する。

 たとえば、1人の霊媒師がジムと名乗る人から彼の死んだ妻アビゲイルについて質問され、さらにデビッドという人から彼の死んだ妻ビクトリアについて質問されたとしよう。シュウォーツ教授によると、質問の内容は「アビゲイルの外見は」とか「アビゲイルの死因は」といったことになるという。

 そして、どちらが誰に関するものかわからない状態で、ジムが2人分の回答を見て、自分の妻に関する回答を選んだとすれば、その霊媒師が何かを感じ取っていた印となる。同じような実験を繰り返し、有効な結果が出れば、とりわけその可能性は高まる。

 バージニア大学の『パーソナリティー研究部門』も来世に関する研究の拠点だ。ここでは臨死体験(手術台で幻を見る体験)の研究を行なっており、さらに、前世について語る子供たちの話をまとめている研究者もいる。

 こうした研究によって、実際に来世や魂の存在を示唆する何かが見つかっているのだろうか?シュウォーツ教授によると、これまでに20人ほどの霊媒師が研究にかかわっているが、まさに一部の人は、死者と接触したり、少なくとも死者についての詳細を探ることができているという。

 「霊媒師の中には、確かに情報を得ている人々がいる。その際に不正は行なっていないし、コールドリーディング[さりげない会話を通して情報を引き出す手法]でもない。既存の手法はいっさい使われていない」とシュウォーツ教授は話す。シュウォーツ教授は最近、NBCのドラマ『霊媒』に関連した著書を執筆したところだ。

 『スケプティカル・インクワイアラー』誌の発行人で、『サイエンティフィック・アメリカン』誌のコラムニストでもあるマイクル・シャーマー氏は、こうした話をばかばかしいと一蹴する。正体を暴露しないと気がすまないシャーマー氏は、超常現象の研究は機能していないと考える。

 「120年余りも前から本格的な科学研究が行なわれているにもかかわらず、信頼できる、一貫した、再現可能な有効な結果が出ていないときに、金と労力と時間を使い続ける意味などあるのだろうか」とシャーマー氏は問いかける。「現時点で何も見つかっていないならば、おそらくこの先も見つからないだろう」

 いっぽう、科学ジャーナリストのローチ氏は、ゴーストハンターや輪廻を追跡する人々など、あらゆるものを求めてインドからイギリスまでを渡り歩き、超常現象に関する研究について独自の考えを持つようになった。ローチ氏はNBCのドラマ『霊媒』のモデルとなった霊媒師のドゥボイスさんとじかに会ったことがあり、このときを含めて何度か驚きを体験している。また、手術中の患者の見る幻について実際に何かが存在するかもしれないことを示唆する臨死体験の研究にも興味をそそられている。

 しかし、このようにぼんやりとした形が見えているにもかかわらず、超常現象の研究が説得力に欠ける点には「かなり失望している」とローチ氏。とはいえこうも話している。「まだすべてが解明されたわけではないという気持ちのほうが大きい。必ずしも科学がすべての答えを導き出せるとは限らない」

[日本語版:米井香織/多々良和臣]

霊魂の存在に関する学術的研究(上)
http://sadomago.exblog.jp/m2005-10-01/#3624558
[PR]

by sadomago | 2005-10-18 06:12 | 過去生・未来世・転生


<< 伝播しない光に潜む大きな、そし...      子供を亡くした母親達と不快なエ... >>