2005年 10月 07日
光の手-自己変革への旅(上) Vol.2
光の手-自己変革への旅(上)
バーバラ・アン・ブレナン
河出書房新社


P35 L27~

 エネルギーと能力は、誠実さと正直さと愛のもとにつかわれなければならない。なぜなら、すべての行動に原因と結果が作用するからだ。あなたが生み出したものは、あなたに還ってくる。それが仏教でいうカルマである。ヒーラーとしてのあなたから流れるエネルギーが増えていけば、力も強くなっていく。それを否定的に使えば、最後には否定的な結果があなたに還ってくるのだ。
人生を振り返ってみて、私は自分を導く「見えない手」に少しずつ気づくようになった。最初は漠然と感じていただけだったが、その後、まるで目に見えるようにその精神的存在がわかるようになった。
 さらに私に語りかける声を聞き、触れる手さえ感じるようになった。今では見えない導く者の存在を受け入れている。実際に彼を見、声を聞き、感じることもできる。だが「彼」は、自分は男でも女でもない、と言う。
彼の世界では性別による区別はない。存在レベルではすべてが一つである、と言う。彼は自分をHeyoan(ヘヨアン)と名のった。「時代を超えて、真実をささやき続けてきた風」という意味らしい。
 彼の私への自己紹介はゆっくりと、そして自然発生的だった。私たちの関係の質が日毎に向上するたびに、新しい理解レベルに導かれていった。この冒険の旅を共にする中で(本書を読み進めるうちに)あなたにも、やがてこのコミュニケーションの形成の過程が理解できるだろう。私は時に簡単にメタファー(暗喩的表現)と呼ぶこともある。
 この本のいたるところで、はっきりとした導き手の内容と力の例をあなたに紹介するが、あなたにもわかる身近な導きから教えよう。
 もっとも単純な導き手の一つは、毎日そして一目に何度も訪れる不快感という形でやって来る。この導き手に注意してそれに従いさえすれば、ほとんど病気になどかからなくなるとヘヨアンは言う。不快感に注意していれば、バランスを取り戻し健康を回復すると。不快感は肉体的不快感や痛みの場合もあれば、感情的、心理的、精神的レベルのときもある。
 それは、あなたの人生のどこにでも現れる。ヘヨアンは尋ねる。「あなたの肉体や生活のどこに不快感があるのか? どのくらいの期間続いているのか? それはあなたに何を伝えようとしているのか? それに対しあなたは何をしてきたのか?」
 これらの質問に正直に答えていけば、自分自身を健康で幸福で賢明に保つはずの最高のチャンスをどれほど無視してきたかに気づくはずだ。肉体や生活上で感じる不快感は、すべて本当の自分と波長が合っていないことをあなたに直接伝えているメッセージである。
 この単純なレベルの導きに従うとは、疲れたときには休み、空腹な時には食べ、肉体が必要としているものを食べさせるということである。自分を大切にし、自分を困らせている生活環境を変えるという意味である。これらのことができるように、どれほどうまく生活を組み立てているだろうか? それはそう簡単ではないはずだ。
 不快感という形でやってくる内なるメッセージに耳を傾け、あなたの個人的な肉体の要求により注意深くなれたとき、バランスのとれた濁りのない状態になる。そして健康へとあなたを戻していく。その、耳を傾ける習慣は、直接的な言葉による導きという現象を引き起こす。「内なる声(インナーボイス)」から、非常に単純な指示を受け始めるかもしれない。それは、自分の中から聞こえながら、自分を超えたどこかからやって来る声である。内なる導き手に従う方法を身につけるには、二つの重要なポイントがある。第一に、他人のための導きを受ける態勢が整うまでに、自分自身のための導きを受ける練習が必要である。 第二に、あなたがそのとき受ける情報や指示は、最初とても簡単で少しも重要ではないように思えるかもしれない。実際、それに従うのは時間の浪費に思えるかもしれない。だが、それには理由があるのだ。
 患者の生命、あるいは病気についての特殊で重要な情報をチャネリングするとき、プロのチャネラーが意味不明なことを言ったり、的外れの全く間違った情報を受け取るときがある。 ただ単に間違っている場合もあるが、多くの場合チャネラーの理性が働いている時に起こる。純粋なチャネリングで得られる情報は、チャネラーの理性や判断の理解を超えたところにあるのが普通である。
 こんな時チャネラーは、同じような過去の経験を思い出すべきだ。伝えられた時点では意味不明だったものが、後になって非常に役立つものになり、すべての情報を総合したときに初めて理解できるようになった体験を。今では治療とチャネリングに費やす時間のあいだに、ゆっくりと意味のある情景をつくりあげていく、直線的ではない方法で情報が伝わってくることがわかってきた。 単なる理性的な直線形では表せない情報が得られるのだ。
 注意すれば、あなたの人生の重要な場面でも導き手が働きかけている事に気づく。ある出来事がなぜもう一つの出来事に続いて起こっったのか?・・・・・・・・

・・・・・・・あなたの強い欲求とは何だろう? 何を望んでいるのか? それが何であれ、その思いがあなたがなすべき仕事を実現させるために次に必要な段階へと導いてくれる。たとえそれがあなたがその仕事が何かをまだ知らなくても。それを行うのが楽しく、すばらしいと感じるならば、あらゆる意味で必ずやるべきである。それがあなたへの導きである。人生のダンスに自由に身をまかせるがいい。抵抗すれば、導き手を拒否し、自分自身の成長を妨げてしまう。
[PR]

by sadomago | 2005-10-07 14:24 | スピリチュアル・ヒーリング


<< オーラを知る・見る・活かす      光の手-自己変革への旅(上) ... >>