2009年 02月 24日
「怒り」が死につながる可能性=米研究
エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1235467126115.html

2009年2月24日
 [シカゴ 23日 ロイター] 米国の研究チームは23日、怒りなどの激しい感情が、一部の人々にとって死につながるケースもある心拍リズムの異常を引き起こす可能性があると発表した。

 コネティカット州にあるエール大のレイチェル・ランパート博士率いるチームが心臓病患者62人を対象に研究を行い、心臓病に関する米専門誌「Journal of the American College of Cardiology」にその結果が掲載された。

 ランパート博士は、少なくとも影響を受けやすい一部の人々にとっては、怒りが死につながる可能性もあるとしている。

 地震や戦争、サッカーのワールドカップ(W杯)での敗戦といった出来事が心停止による死亡率を増加させる可能性については、従来の研究でも示唆されている。
[PR]

by sadomago | 2009-02-24 19:46 | とりあえずノンジャンル


<< 「ブタの脳」を吸い込んだ労働者...      長い時間を重ねた信仰が「神」を作る >>